読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

まえてぃーブログ

先生が学校離れて世界から授業!?超前向きニートになった先生が世界のことや思ったことを自由気まままにつづります。Twitterはこれ@kokeshii0520

中国の新幹線に乗ってみよう!

上海から蘇州とゆう街へ向かうには『新幹線』が早くて便利‼️と聞き、早速新幹線の駅に向かいます。

中国の新幹線は『高速鉄道』といい、日本と同じで、決められた駅から出発します🚅。

 

駅に行く前にちょっと寄り道♪( ´▽`)

ちょっと小腹が空いたので、地元で評判とゆう…

f:id:skyskywonder:20170426154323j:image

小籠包の店へ!!

中は見えませんが注文したい人でごった返しておりました(。-_-。)

それだけ美味しいとゆうことですね!

そしてゲットしたのがこれ⬇︎⬇︎

 

f:id:skyskywonder:20170426154339j:image

カリッカリの皮に、中はスープとお肉とエビがたっぷり( ˊ̱˂˃ˋ̱ )✨

 

さらに!!

 

なんだこの長蛇の列ʕʘ‿ʘʔ

f:id:skyskywonder:20170426154351j:image

レモンを使ったドリンクのお店ですって!?

ベースになるレモンティーやレモンスカッシュに、パインやストロベリーなどいろんな合わせ技ができるので、あなただけのオリジナルレモンティーができちゃいます(⁎⁍̴̆Ɛ⁍̴̆⁎)👍

 

そしてゲット⬇︎⬇︎

f:id:skyskywonder:20170426154400j:image

スッキリ爽快爽やかドリンクでございます(*´∀`)♪

初めてとゆーことで、プレーンを頼むところが逆に良い✨

 

この日の気温は、なんと25度( ´△`)💦

暑いのですよーっ‼️‼️

 

だからこそ、このレモンティー的なレモンスカッシュとかはもう最高にまえてぃーに響きます。癒しです。

 

途中、小籠包をガブッといったところでスープが爆発💥して、まえてぃーの上着がボットボトになるとゆう悲劇もありましたが、それは「小籠包アルアルの洗礼」だよと言っていただき、また1つ中国人に近づいたなと思いました(。-_-。)

 

すっごい汚れたけど、日本みたいにバッチリみんな小綺麗にしてるわけじゃないから、スープのシミをつけたまま堂々と歩くとゆう強さも手に入れました笑。

 

さて、腹ごしらえも終え、いよいよ高速鉄道の駅に向かいます🚉。

 

さー到着!と思って入ろうとしたら…な、なんと、入り口で保安検査があるではないか∑(゚Д゚)!!

 

駅の入り口で、警官みたいな人がいて、カバンをベルトコンベヤーにのせるのよ。

まるで空港みたいやなーと思って驚いた。

厳しいねー中国。

あ、地下鉄もチケット買う前に保安検査があるからねo(`ω´ )o

f:id:skyskywonder:20170426160258j:image

駅の中はとってもキレイ✨

f:id:skyskywonder:20170426160324j:image

平日やのにスッゴイ人💦

まえてぃー乗れるのか??

 

中国は人口が多いから、どこでも混んでるやろなと思ってましたが、1つ1つの場所もデカイから大丈夫やろーと思ってました。

が、見渡す限り、人民がギューっと座っていました。

そんな中、無事に蘇州行きのチケットをゲット🎫。

「蘇州」は日本語では「そしゅう」と言いますが、中国語(英語)では「suzhou」と書き、読み方は「ずーしょう」らしいです。

なんか色々違うやろとは思いましたが、これもその国のルールを尊重。

「ずーしょう」に向かいますo(`ω´ )o

f:id:skyskywonder:20170426161021j:image

もはや「蘇州」でもない笑。

 

10分前にホームに行けるゲートが開くんやけど、そこにもまた長蛇の列が∑(゚Д゚)‼︎

えっ?座席決まってるから大丈夫やんね??

混みすぎて乗り込めませんでしたとかないよね??とか不安はあったものの、ジャパニーズはヨユーだよという空気を出そうと思って、まえてぃーはのんびり待機しときました( ̄^ ̄)。

内心、「乗れんかったらどないする⁉︎」とは思った。

そして、ゲートが開くといっせいに走り出す人民たち∑(゚Д゚)

なぜなんだ!?

何をそんなに生き急いでるのだ!?

私は歩くぞ。

ヨユーをまとって生きていきたいんだ。

そして、ホームに降りると…

 

分かってしまった。。。

 

なぜ人民が走るのか。

なぜ生き急がねばならぬのか。

 

そう、列車が遠いのである。

 

降りたらそこに止まってるのではないのである。

 

まずホーム自体が長い、長すぎる。

 

そしてなぜ一番向こうに列車を止めるのか。

 

だいたい100mはきっとある。

ただでさえ遅れたまえてぃー、さすがに焦る💦

スーツケースを引きづりながら走る。

走る。

f:id:skyskywonder:20170426161048j:image

この列車だ!!

ほとんどの人民が乗り込んだ後だったがなんとか間に合う。

 

f:id:skyskywonder:20170426161116j:image

他の人民に負けずに乗り込みます!

あーマジで疲れた( ´△`)

f:id:skyskywonder:20170426161154j:image

景色を見ながら。

 

聞いてた「ずーしょう」は2つ目の駅。

時間では30分くらい。

でも料金は3000円くらいやから新幹線より安い値段だ。

 

が、ここでもドッキリ体験。

「次の駅は〜」ってアナウンスが中国語と英語で流れるんやけど、どう聞いても「ずーしょう」って言ってない∑(゚Д゚)??

2つ目やから次の駅は「ずーしょう」ではないはず。

でも中国語でも英語でも「ずーしょう」って聞こえる!

でもまえてぃーはリスニングとか自信ない💦

無視するか!?

2つ目にかけるか!?

でもこの駅が正解やったら!?

とかをグルグル考えてるうちにその駅のホームに着いたわけ!!

早っ∑(゚Д゚)

まだ20分くらいしかたってないんとちゃうん???

意を決して、たまたま通りかかった駅員さんに聞いてみた!!

ネクスト、ずーしょう??」

「あぁ」と、ノーともイエスともとれてしまうそのリアクション∑(゚Д゚)??

どっちなんだ、どっちなんだ駅員!?

不安を持ったまえてぃー、降りようとしているお姉さんに聞いてみる!

ネクスト、ずーしょう??」

「イエス!」とイエスにしかとれないリアクションをしてくれた( ´ ▽ ` )ノ

そうだ、ここが「ずーしょう」なのだ(//∇//)

きっと2つ目とかってゆーのはガセネタだったんだ←海外あるある。

勇気を出して、まえてぃー降りる!!

そして、ホームに立つ。

なんもない。

看板もない。

エスカレーター上がる。

そこに!!!

 

『蘇州駅』

 

やったーーー(*⁰▿⁰*)✨

 

無事に蘇州「ずーしょう」にたどり着くことができました。

 

本当にドキドキしっぱなしの20分で列車を満喫なんてできなかったぜー(^_^;)。

あーもっと旅慣れしていかなきゃなぁ。

 

そして、後から聞いた話、「ずーしょうの前の駅??止まる時と止まらない時があるよー」とのこと(*⁰▿⁰*)。

せ、セカイはヒロイのである。。。