まえてぃーブログ

先生が学校離れて世界から授業!?超前向きニートになった先生が世界のことや思ったことを自由気まままにつづります。インスタ:maety34 Twitter:@kokeshii0520

【ベトナム】ベトナムに砂漠があるのはまだそんなに知られていないみたいだ。

ホーチミンからバスに揺られること5時間ほど。

 

アジアを旅するようになって、バスで5時間とか言われても「あ、近いじゃん」って思うようになった自分がいる。


これは成長なのか適応力がついたのか、はたまたゆとりがあるからなのかお金が無いからなのかは分からないがただ一言。


バックパッカーには“助かる”という事実だ( *`ω´)👍

 

そして!!

着いた先はまえてぃーがとっても楽しみにしていた場所(о´∀`о)。

 

その名も“ムイネー”。

 

なんてかわいらしい名前。

 

ベトナムと言えばホーチミンに始まりフエやホイアンハノイなんかが日本では有名で魅力的だと思うけれど、まえてぃーはどうしてもこのムイネーに来たかった。

 

その理由がコチラ!!

 

“砂漠”

f:id:skyskywonder:20171003230234j:image

 

キレーでしょう(о´∀`о)。

 

世界の旅人が好きな砂漠といえば、やっぱりサハラ砂漠さんとかゴビ砂漠さんとかが有名と思うけれど、マイナー志向のまえてぃーは断然ベトナム派です笑。

(きっとサハラ砂漠さんにも会いに行くと思うが💦)

 

ベトナムに砂漠があるってことはあまり知られていないらしい。
こういう時に先生やってて良かったなって思う(*⁰▿⁰*)

 

そして。

今回もやっちゃいます!

 

外国で“朝日”を見よう大作戦!!

 

カンボジアでは朝日も夕日もベリークラウディだったため見ることは出来ませんでしたが、ベトナムではきっと見えるだろうとのことで挑戦!

 

日にちが1日しか取れなかったので今回は“朝日”を選択。

 

ツアーではジープで行けるということでジープに乗りたいがためにツアーに参加しました。

 

また詳しく書きますが、ベトナムではジープを利用したツアーが多くあります。

 

それはなぜかというと、今から約40年ほど前に起こった戦争。


アメリカvsベトナムベトナム戦争が影響しているとのこと。

ほら、アメリカ軍ってジープ乗ってるイメージありませんか??

 

そのアメリカの置き土産を今もベトナムでは観光用として使っていることが多いってことです( ̄^ ̄)。

 

はてさていよいよ出発です。

 

その時刻!!

 

4:00Σ( ̄。 ̄ノ)ノ

 

もちろんAM!!

 

毎回朝日を見るときは拷問かと思いながら起きています。

が、その度に朝起きれることに感謝してます👍


すでにドライバーのお兄ちゃんは到着済み。

軽くあいさつを交わしジープは予想外の猛スピードで砂漠に向かいます。

 

国道らしき道をジープが激走。

 

うん、なんかカッコいい。

 

ぶっ飛ばすこと40分。

 

“ヘイ、着いたぜ。降りろ”との声。


そして“ここからは砂漠用のジープで行くか歩いていくかだ”とのこと。

 

砂漠用のジープとは、現在地から朝日が見えるスポットまで片道だけジープで送ってくれるってやつのようです。


もちろん別料金。

 

まえてぃーは砂漠を歩きたいので迷わず“歩く”を選択。

(もちろんお金も無い😂)

 

が、これが思いのほかキツイ💦

 

砂漠ってさ、“砂”なんだよ。

 

砂浜より深っいのよ砂が!!

 

足がね、埋もれるのよー!!

 

一歩踏み出しては砂の中、一歩踏み出しては砂の中。。。

 

お、重すぎる。。。

 

 

そしてみなさん、忘れてはいませんか?

 

 

朝日には、

 

“時間がある”ということを。

 

その時間までに朝日が見られるスポットまで行かないとせっかくの朝日が見れなーい!!

 

ズリズリと歩くまえてぃーを余所に意気揚々と片道ジープたちが追い越していく(>_<)

 

そりゃもう“俺たち早いだろー”みたいな感じで。

 

キレる。


本当にキレる(● ˃̶͈̀ロ˂̶͈́)੭ꠥ⁾⁾

 

絶対歩ききってやると誓いズリズリと歩く!!

 

すると片道ジープたちが止まっている丘が見えた。

 

あの丘までいけば朝日が拝める!!


が、ちょっと待って、本当まだ遠いんだけど。

 

と心が折れそうなったその時!!

 

まえてぃーのすぐ横にデーンっとそびえる一つの丘。

 

“ん??”

 

“ここで良くない??”

 

高さはあるものの一瞬“おりゃあ!!”って登れば辿り着ける!!


そして方向的にも朝日は見えるはず!!


しかも誰もいないし。

 

と思いさらに深くなる砂を登る!!

 

作戦名“水の上を走る忍者”


砂なんて無い。

これは水だ。

早くいかなければ沈む。

と自分に思い込ませることで実にササササーと登りきる作戦。

さすが思い込み名人まえてぃー。

大成功✨

 

そして見渡す。


“絶景”

f:id:skyskywonder:20171003230528j:image

片道ジープ達の丘。

 

f:id:skyskywonder:20171003230829j:image

白い砂のことから“ホワイトサンド”って呼ばれるらしい。

 

f:id:skyskywonder:20171003230557j:image

何この色。吸い込まれそう。

 

f:id:skyskywonder:20171003230711j:image

“また来るからなー”って叫ぶ。

 

f:id:skyskywonder:20171003231024j:image

“キツネ”

 

f:id:skyskywonder:20171003230940j:image

砂漠の地平線に“月”

 
あいにくここでも完全な朝日は見られなかったけれど、朝日に照らされた雲と白い砂が織りなす光を感じることが出来ました。

 

月と太陽を同時に見られる瞬間って、なんか良いですよね(´∀`)。

 

時刻は6時30分。

1日の始まりに1日の集大成を見た気がした。

でも朝日は「これを力に今日も1日頑張れよー!!」ってパワーを私たちにくれてるのな…なんて思ったりした。

 

朝日が8時くらいに上がればな…と無粋なことを考えたのは秘密ね😛

 

 

帰りはゆっくり歩いて帰っていると、“近くに赤い砂漠もあるよ”とのこと(=゚ω゚)ノ


“そりゃ行きます絶対!!”ってことで赤い砂漠にも参りました。

 

もともとツアーには2つの砂漠って書いてあったらしいけどまえてぃーは1つだと思っていたこの語彙力の無さを誉めてあげたい😂

 

なぜ誉めるのかって??

 

サプライズされたみたいで嬉しいじゃないですか(°▽°)✨

い、言い訳じゃないし。。。

 

知らなかったからこそ、分からなかったからこそ得られる喜びがあるんだよ、人生には。

分かったかい、生徒諸君( ´ ▽ ` )ノ

 

 

赤い砂漠“レットサンド”

 

f:id:skyskywonder:20171003231630j:image

この赤砂と青空の組み合わせって最高✨

 

f:id:skyskywonder:20171003231717j:image

鳥取砂丘を思い出した。

 

f:id:skyskywonder:20171003231801j:image

砂は熱いし太陽も暑いけど、なんか応援されてる気分でこれからも頑張ります╰(*´︶`*)╯

次はベトナムの妖精に会いに行くよー!!