まえてぃーブログ

先生が学校離れて世界から授業!?超前向きニートになった先生が世界のことや思ったことを自由気まままにつづります。インスタ:maety34 Twitter:@kokeshii0520

【フィリピン】衝撃!バジャウ族と日本人。

全ては1枚の写真で伝わる♪( ´▽`)

 

マサイ族に首長族。

この地球上には色んな個性豊かな民族がたくさんいるということは知っていた。

 

そしてこの日、ここフィリピンにも、実に個性キラキラでチャーミングな民族がいることをまえてぃーは初めて知ったのだ。

 

その民族の名は「バジャウ族」。

 

セブ島のマンバリン地区という場所で生活している。

そんなバジャウ族の中に、なんと!とある日本人が一緒に住み、バジャウ族とキャンプに行けるツアーを企画しているとのこと。

これは民族大好きまえてぃーにとって興味津々の企画( ´ ▽ ` )ノ

教えてくれた友人に感謝。

そして、フィリピンで出会った友人たちと共にバジャウ族が住む地区へ行きました。

 

バジャウ族は漁をして暮らしていて、水上の上に住んでるんだよ~」と言われ、「あ、水上コテージ的な場所に住んでるんだ」と思ってた。

 

はい、それがコチラ。

f:id:skyskywonder:20170801100604j:image

ん???

f:id:skyskywonder:20170801100646j:image

んんん???

f:id:skyskywonder:20170801100711j:image

んーーーー????

日本人が見たら衝撃的な光景かもしれないね。

下はゴミ溜め!?って思うかもしれないけど元々は海。

生活で出たゴミや排泄物をそのまま下に落とすからこのような光景に∑(゚Д゚)💦

f:id:skyskywonder:20170801101119j:image

並んで楽しくトイレ中😂

 

あまりにも普通すぎて、“捨てる”ってよりただ“落とす”って印象を受けた。

 

みなさん、ここ、住めます??

『無理でしょ〜』って声が聞こえてきそうですね。

f:id:skyskywonder:20170801173926j:image

なんてったって隣の家に行くのに命がけ笑

f:id:skyskywonder:20170801174010j:image

落ちたら…なんて考えたくない((((;゚Д゚)))))))

f:id:skyskywonder:20170801174059j:image

一生のトラウマかもしれない…。

 

絶対住めない…と思っていた。

 

が、

 

そんな不安や息詰まりは、ここで暮らす人たちの「顔」を見ると一瞬で吹き飛ぶよ。

f:id:skyskywonder:20170801101231j:image

f:id:skyskywonder:20170801101250j:image

f:id:skyskywonder:20170801101413j:image

 

どこの地域も国も、子どもが笑ってたらそれは幸せの証。

 

 

一緒にバスケット、させてもらいました。

f:id:skyskywonder:20170801101350j:image

途中、ボール当たったおばちゃんがゴールをぶんどって破壊した光景はまえてぃーの中に強烈に残ることでしょう笑。

 

そして、今回の企画をしてくれた日本人が住むという場所へ。

ご紹介します!

f:id:skyskywonder:20170801101457j:image

松田 大夢(まつだ ひろむ)さん

新潟県出身。

現在22歳。若い!!

 

世界を旅する中で、バジャウ族と出会い、その生き方に魅力を感じ、家を建て、一緒にバジャウ族のコミュニティに暮らすことになったそう。

そして、自身もビジネスを立ち上げ、集落の一部にゲストハウスを建設中とのことΣ੧(❛□❛✿)🚩

 

バジャウ族の生活のため、そして、日本とバジャウ族とを繋ぐため、このゲストハウス建設を始めたそう。

資金の多くはクラウドファンディング

たくさんの人がヒロムさんの夢に共感し、応援し、協力を申し出てくれたようです。

そりゃまえてぃーももっと早く知ってたら…って思いましたよ。

 

こんな異国で、たった一人で、10歳も年下の若者が、その国の人たちのために、自分でできることを模索し、何よりも『実行』してるんですから。

この話だけで勇気をもらえるものです。

f:id:skyskywonder:20170801141213j:image

海の上に…

f:id:skyskywonder:20170801174431j:image

みんなで造るゲストハウス。

 どんなゲストハウスができるんだろ〜と思いながら船に乗って海に出て、、、

バジャウ族の演奏と歌をBGMに、、、

 

ウニを採る!?

f:id:skyskywonder:20170801140704j:image

さすが海の民!

重りも何もつけないのに水深2Mくらいまでまえてぃーをひっぱっていってくれてウニを採らせてくれました。

 

もう、そりゃものすっごい感動です。

そんな時、人は『採ったどー』って叫ぶんですね。

 

f:id:skyskywonder:20170801174630j:image

そしてその場で食べる(⁎⁍̴̆Ɛ⁍̴̆⁎)

日本のウニとはちょっと違って“甘さ”が多くて美味しぃ〜✨

f:id:skyskywonder:20170801174742j:image

魚だって漁れちゃいます笑

 

キャンプをする島について早速夕食つくり。

まえてぃー達はゲストだからって全部バジャウ族のみんなが料理してくれるんだけど、それがめっちゃ手際よくてワイルドなんです。

鳥だってさばきます。

f:id:skyskywonder:20170801140814j:image

f:id:skyskywonder:20170801140858j:image

まえてぃー、鳥をさばくのをこんな間近で見たのは初めて。

でも、しっかり見たよ。

 

バジャウ族の人たちもフィリピンの人たちも、ニワトリのこと、頭から足まで全部食べます。

主にムネ肉・モモ肉しか食べない日本人とは違うの。

 

全部、ムダにしないんだよ。

 

そりゃ最初、「え、頭も食べるの?」って思ったけど、食べてみた。

 

唐揚げにしてくれて食べてみた。

 

そしたらね、すっごい美味いんだよー。

足の先まで食べちゃいましたよ!!

 

魚にしてもニワトリにしても全ていただく。

命をいただく。

改めて、「いただきます」と「ごちそうさま」の大切さを学びました。

 

 f:id:skyskywonder:20170801174848j:image

f:id:skyskywonder:20170801174912j:image

豪華絢爛!!バジャウ族フルコース✨

全て手掴みでワイルドに頂きます!

が、どれを食べても本当美味しい。

塩の味、素材の味、空気の味。

そして、人の暖かさの味。

もーたまらんわけよ!!

 

食べて、飲んで、歌って、踊って、日が沈んで寝て、日が昇って起きて、、、。

人間らしいって何かはよく分からないけれど、人間は自然に生かされてて、自然と共に生きてるんだなってことは分かった気がした。

f:id:skyskywonder:20170801175151j:image

バジャウ族は井戸端会議も海の中です🏖

 

 

ヒロムさんに、バジャウ族の魅力って何ですか?って聞いてみた。

そしたら、

「頑張らないところじゃないですか」って。

日本で通っていた高校を3日前に辞めたヒロムさん。

その高校へはドレッドヘアで通っていたヒロムさん。

現地の言葉でみんなと笑いあったり、相談したりしてるヒロムさん。

自分の考えをしっかり伝えてるヒロムさん。

そして、バジャウ族のために行動しているヒロムさん。

 

たった短い間だったけど、どうして彼がバジャウ族のみんなに好かれているのかが分かった気がした。

そして、まえてぃー自身もバジャウ族の魅力に触れて、「ここで生きるのもいいな」と思えるようになっている自分に驚いた。

 

そんなヒロムさん、日本のテレビに出ます!!

番組名:『グッと!地球便』

日時:9月24日(日) 朝10:25~

内容:海外で奮闘する日本人(ひろむさん)と日本にいる家族を繋げるドキュメンタリー!!

見たさ度:★★★★★(MAX)

 

みなさん要チェックでお願いします。