まえてぃーブログ

先生が学校離れて世界から授業!?超前向きニートになった先生が世界のことや思ったことを自由気まままにつづります。Twitterはこれ@kokeshii0520

【北京】天安門広場(紫禁城)と絶景

中国といえばここ!

ニュースの冒頭とかでほぼ映るここ!

そう、天安門広場です( ´ ▽ ` )ノ

f:id:skyskywonder:20170505232301j:image

このシーン、見たことない人はほぼいないはず。

中国建国の父、「毛沢東」が堂々と掲げられている場所。

 でも想像してたのとちょっと違う。

そう、広場とゆーだけあって、更に中国とゆーことだけあって、やっぱりガッツリ広〜〜いのでーすΣ੧(❛□❛✿)

f:id:skyskywonder:20170505221146j:image

思ったより広い💦

 そして、あの「毛沢東」の向こう側には『故宮』と呼ばれる博物館があります。

ご安心ください、ただの博物館ではありません。

この故宮は別名『紫禁城

城なんです。

つまり歴代の王家の人々が住んでいた場所で、今はそれを博物館として開放しているのです。

明の永楽帝(まえてぃーの好きな人物)の時代から清朝滅亡までの約500年に渡って皇帝達が住んでた場所が、ほぼ“完璧”な状態で残ってるってゆうんだからすごいよね(//∇//)

早速中に入ってみましょう♪( ´▽`)

f:id:skyskywonder:20170506160448j:image

チケットを買って🎟(40元 約650円)

f:id:skyskywonder:20170506160514j:image

門をくぐると…

f:id:skyskywonder:20170506160713j:image

宮殿でーす!!

 

 f:id:skyskywonder:20170506161126j:image

広いってことだけは分かる!

一説では部屋の数は9000部屋もあるらしい∑(゚Д゚)

 

f:id:skyskywonder:20170506161225j:image

たくさんの建物や、

 

f:id:skyskywonder:20170506162233j:image

たくさんの門があります。

 

f:id:skyskywonder:20170506171815j:image

屋根の色使いもはっきり残ってます。

 

f:id:skyskywonder:20170506161240j:image

中は荘厳な雰囲気。

 

f:id:skyskywonder:20170506161259j:image

いったい何人くらいの人が生活してたんだろう??

雨の日…大変だったろうな☔️💦

 

f:id:skyskywonder:20170506161321j:image

装飾の1つ1つが繊細で美しい。

 

f:id:skyskywonder:20170506161400j:image

いろんな角度からいろんな場所が見れるので飽きない。

 

f:id:skyskywonder:20170506161419j:image

これを触ると有り難いそうなので触っておきました。

 

f:id:skyskywonder:20170506161205j:image

どれだけの「歴史」を見てきたんだ君は??

 

f:id:skyskywonder:20170506160824j:image

清朝最後の皇帝は愛新覚羅溥儀(あいしんかくらふぎ)。

ラストエンペラー宣統帝とも呼ばれます。

日本との繋がりも深く、あの満州の皇帝としても溥儀は即位しています。

1900年代初頭、中国は国内でも外交でも混乱の最中。

溥儀は2歳で即位するもののすぐ退位したり、再び即位したり、クーデターや近親者の暗殺や裏切り、国内で追われたり外国から拒否されたり、第二次大戦後は捕虜となり戦犯として収容されたり本当に息つく暇はあったのかと思うくらい激動の生涯でした。

詳しくは学校の先生に聞いてみよう_φ(・_・

戦後、一般市民となり、植物園で働きます。

その最中ガンにかかり、生涯をとじるのですが、その存在ゆえに受け入れてもらえる病院が無かったり、治療してもらえなかったりもあったそうです。

『生まれは自分で選べない』

人は誰でもそうですが、日本に生まれたらフツーはこういうレールがあるよねとか、中国ならこんな人生だよねとかがあると思います。

でも彼には、彼だけには他とは全く違うレールが待っていたはず。

どう自分の環境や存在を受け入れながら生きていったんだろう…。

ちょっと日本に帰ったら彼についてもっと深く勉強してみたいと思いました。

ま、まえてぃーも「ニート人生」になったことはしっかり受け入れてますよ(´∀`=)。

また戦火や政治的混乱から大切な所蔵品を守るため、それらを台湾に避難させました。

ので、台湾にも「故宮博物館」はあります。

実はまえてぃー、数年前に「台湾故宮博物館」へは行ってるんです。

その時、台湾の人に「台湾の故宮の方が優れた所蔵品がある」って聞いて、なんでやろと思ってましたが、避難だったからなんですね。

避難させる順番、みなさんならどうします??

絶対守りたいモノからですよね。

数年の時を経て、このまえてぃーの疑問は繋がったわけです。

 

 そして、博物館を出るとこんな噂を聞きました。

「ここから少し行ったところに、この北京を見渡せる場所があるよ」と!!

それつまり北京を一望!?

ぜひしたい!とゆうことで情報収集した結果、ココに行けば良いとゆうことが分かりました(((o(*゚▽゚*)o)))

 

f:id:skyskywonder:20170506170004j:image

おぉ、けっこう「上」だな(;´Д`A

が、もう2度とこんなチャンスないかも知れぬ!!

行きましたよー!! 

あの場所は公園の中にあり、ひたすら階段を登るだけとゆう至ってシンプルな行き方。

f:id:skyskywonder:20170506170238j:image

登って…

 

f:id:skyskywonder:20170506161523j:image

登って…

 

f:id:skyskywonder:20170506161542j:image

登り続けると…ε-(´∀`; )

 

じゃじやーーん!!!

f:id:skyskywonder:20170506161642j:image

『我は皇帝なりーー!!』

と叫びたくなるほどの一望感(*⁰▿⁰*)✨

リアルな“うわぁ…”って言ったのいつぶりやと思うくらい素直に綺麗だなとつぶやきました。

 

f:id:skyskywonder:20170506170442j:image

「歴代の皇帝はこんな景色を一人占めしてたのかなー」って思うのと同時に、「絶対しんどいから登らなかった皇帝もいるに違いない」とかも思いました。

 

 気付いたらもう夕方。

朝からフルで1日かけて観光できました。あの故宮は、ガッツリ見ようと思ったら半日はかかります。

雰囲気だけ楽しみたいって人は1時間あれば充分かな。

でもこの絶景だけは、ぜひ自分のモノにしてもらえたらって思います( ´ ▽ ` )ノ

ちなみに、この公園の名前は『景山公園』

北京に来た際はぜひ『故宮』と『景山公園』はセットで訪れて見てください!