まえてぃーブログ

先生が学校離れて世界から授業!?超前向きニートになった先生が世界のことや思ったことを自由気まままにつづります。Twitterはこれ@kokeshii0520

【カンボジア】カンボジアだった理由。

中国やフィリピン。

これまで一時帰国を通し世界を旅していましたが、ここカンボジアからしばらく日本には帰らず、長く旅をしたいと思っています。

つまり、ここカンボジアが出発点です。

ってことにしてください!

 

11年前、私は初めてカンボジアへやって来ました。

その時まえてぃー大学4年生。

卒業旅行でした。

周りの多くがハワイやグアム、オーストラリアなどの“青い海”“青い空”を求めて飛び立ちましたが、私が選んだのは・・・

 

“ロマン٩( ᐛ )و‼︎”

でした。

 

“ロマン”といえば“冒険”、“冒険”といえば“インディージョーンズ”、“インディージョーンズ”といえば“遺跡”、“遺跡”といえば“アンコールワット!!”だったのです笑

 

当時、まえてぃー世代にはそこまで有名ではなかったアンコール遺跡群をテレビで見たか雑誌で見たかで覚えており、「カンボジア行きたい!」と思い友人Yちゃんに話したところ、なんとなんと「うちも行ってみたい~」と快諾してくれ2人で旅立ちました。

 

すると、、、

 

f:id:skyskywonder:20170823135840j:plain

11年前のアンコールワット(2006年)

f:id:skyskywonder:20170823140008j:plain

f:id:skyskywonder:20170823140045j:plain

f:id:skyskywonder:20170823140540j:plain

f:id:skyskywonder:20170823153412j:image 

 わぁーーーお\(//∇//)\✨

 

出身が京都なので、歴史的建造物には幼い頃からたくさん触れてきました。

 

なんなら実家の周りは『寺』だらけ。

有名どころの「清水寺」も「金閣寺」も「平等院」も「東寺」も「伏見稲荷」も「嵐山」も全部自転車で行ったことあります( ̄^ ̄)

 

それでも!!

 

アンコールの遺跡群は本当に圧倒されました。

「すごいなー、すごいなー」

ラピュタみたーい」

インディージョーンズの世界だー」

 

遺跡の中はまさに“迷路”。

岩と岩を突き破るほどの力強い植物。

崩れ落ちそうな階段や岩場を両手を使って登る経験。

そのどれもがこれまでには無いほどのまえてぃーの「好奇心(ドキドキ)」と「探究心(ワクワク)」を掻き立ててくれました。

 

「あーこれで社会人生活も頑張れそうだー」と感無量のまえてぃー。

 

が、

 

やたら現地の人から声をかけられる。

 

「ニホンゴ、オシエテクダサイ」

「ニホンミタイニ、ナリタイ」

「ドウヤッテ、ハッテンシタ?」

 

道を歩いていても、遺跡観光中も、日本人と思うとやたらと声をかけてくる。

しかも“商売とは関係ない”ことを聞いてくる!!

それはまるで“親日家”とはちょっと違うような。。。

 

すると当時まえてぃー達をガイドしてくれたソチアさん(現地人・日本語ガイド)が話してくれた。

 

カンボジアを訪れたのは2006年。
それからさかのぼること30年。
1976年から1979年の3年間、カンボジアでは言葉では言い表せないほど大きな国家による大量虐殺の歴史がありました。
知識人は必要なく、農民こそが真の国民だという名目で公務員・医師・教師・法律家、そして外国へ行ったことがある人や眼鏡をかけている人、そして何の罪もない人々がいわれもない罪をかけられ、多くの大人が、そして子どもたちも犠牲になりました。
詳細はまた後日書きますね。

 

それにより人口は激減。

その国家による弾圧が終了した時の全人口の85%は14歳以下の子どもでした。

つまり、まだ子どもであるはずの若者たちが、国づくりをしなければならなかったのです。

 

ソチアは言います。

「日本は戦争に負けました。

原子爆弾も2回も落ちました。

焼け野原だったでしょう?

でもそれから20年後には、世界で類を見ない豊かな国になりました。

だから、カンボジアの人たちは日本から学びたいんです。

そして、日本語が出来ると仕事が手に入ります。

日本からたくさん観光客が来てくれるから、ガイドの仕事ができるんです。

そしてそれは“生活の安定”を意味します。」

 

まえてぃーの知らないカンボジアがそこにあった。

予想もしなかったカンボジアの歩んできた道があった。

ただの「ロマン溢れる魅惑の地」なんかじゃなかった。

とてつもない大きな負の歴史を背負い、カンボジアは生きてきていた。


彼らからの質問に、当時の私は何も答えられなかった。

どうやって戦後復興を成し遂げた?なんて分からなかった。
「おじいちゃんとおばあちゃんが頑張った」くらいしか答えられなかった。
とても恥ずかしかったし、「大学までいってダセーな自分」って思いました。


それと同時に「知りたい」って思いました。

カンボジアのことも、日本のことも。

ただ、おじいちゃんやおばあちゃんが頑張って作ってくれた土台の上に、何も知らず、乗っかって生きるのはイヤだって思いました。

 

そして社会の先生になれたのは、偶然だったかもしれないけど、カンボジアのおかげで、いろんなことに深く興味を持てたし、伝えることもできてきたんだって思います。

本当にカンボジア、ありがとう。

 

だから今、世界一周はこの国から始めたい。

10年たってちょっと成長⁉︎したまえてぃーをみせたい!!

先生としての“道”と“縁”を作ってくれたこの『カンボジア』から、もう一度歩みたいと思ったから、やってきたんだと思います。

はてさて、10年経ったカンボジアはどんなかな〜╰(*´︶`*)╯

とにかく、コーヒーは美味しいよ☕️ 

【カンボジア】本日は日本なり。

「『日本』って漢字で書けます」。


そう話しかけてくれたベトナム人の男の子。
日本に留学して1年くらいだそう。
1年で⁉︎って思うくらい本当にペラペラ( ̄O ̄;)
そして書いてもらいました。

 

『日本』と!!!

 

f:id:skyskywonder:20170817163335j:image

おしぃーーーー(● ˃̶͈̀ロ˂̶͈́)੭ꠥ⁾⁾

 

むしろ正解にしたい、あ、でも「本日」は「本日」で意味があるからやっぱダメー!!!

 

『漢字はとても難しいです』とのこと。

いや、しゃべれるし全然オッケーでしょう。

 

留学してもなかなか日本人と話す機会がないと話す彼。

せっかくこんな小さな島国にわざわざ来てくれて、話す人口も少ない日本語を勉強しようとしてくれてるのだから力になりたい!!
そう思いまえてぃーは彼に日本語を教え、彼は英語とベトナム語をまえてぃーに教えてくれました。

ちなみに英語は独学だそう。

外国にいると本当に彼らの学習意欲の高さに毎回驚かされます( ̄^ ̄)

そして毎回、「何やってんだ私。。。」ってどん底に突き落とされます。

もう突き落とされるのにも慣れたので、這い上がるついでに英語の勉強は続けて行こうと思ってます。

 

独学で(*´꒳`*)

 

独学なので合ってんのか間違ってんのか分かりたくても分かりません。

が、

答えはきっと旅の中で出てくるでしょう。

「習うより慣れろ」

モヤモヤしてるくらいなら飛び立て、生徒たち。


学び合えるっていいですね。

【カンボジア】恩を売るなら自分から

ゲストハウス付近に溜まってるトゥクトゥクのおっちゃん。

 

通りすがりに「ここで飲んでるから来いよー」とのこと。
「分かったよー」と言いながら多分行かない。

 

が、ここで行ったらおっちゃんは驚くかな。
ましてやビール持ってったらもっと驚くかな。

 

しばらくしてからビール持って行ったら「あいやー!!」って満面の笑みで驚いてくれた。

 

それを見て嬉しかった。

 

んで、次の日割安でチャーターしてくれることになった。

 

お互い気持ち良い。

 

うん、恩を売るなら自分からだ( ̄∇ ̄)

f:id:skyskywonder:20170814002205j:image

カンボジアのビールは50円くらいで飲めますよ🍻

【カンボジア】雨ニモマケズ、カンボジア。

フィリピンのことをまだまだ書きたい中、更新が途絶えてしまってごめんなさい💦

日本へチラッと寄って次の国へ向かいます!!

と言いたいところですがまさかの台風が(*⁰▿⁰*)??

この日、台風💨の影響で実に数多くの飛行機が欠航になっている✈️。

あーきっと飛ばないだろうな…と思いながらエアアジアの飛行状況を確認。

フライトは16時40分。

大阪はちょうど台風の目の中。

もちろん暴風警報発令中。

が、いつまでたっても欠航情報が来ない。

欠航便は増えてく一方。

でもまえてぃーの乗る飛行機は飛ぶ予定を崩さない。

はて(*⁰▿⁰*)??

とにかく空港に行く。

エアアジアのカウンターに並んでいると、隣の航空会社のカウンターにざわめきが。

チェックインを並んでいる乗客たちに向かって偉い人が出てきた。

『この便は欠航になりました!つきましては…』などとアナウンスがされた。

ほらー。

やっぱり飛ばないよねー。

むしろ納得。

飛ぶ方が怖い。

そして気づけばこの状況。

f:id:skyskywonder:20170810130614j:image

生き残っている…。

意地でもまえてぃーを飛ばしたい様子💦

いや、逆に怖いから( ̄◇ ̄;)

f:id:skyskywonder:20170810130711j:image

閑散とした空港内。

f:id:skyskywonder:20170810130743j:image

なんも見えない暴風雨。

飛行機って風で揺れるんだよ(;´д`)💦

 

そして、、、

 

飛んだ( ̄O ̄;)!!!

 

国際線は飛んじゃったら大丈夫🙆みたいなこと聞いたけどやっぱ怖いから💦

でも飛んじゃったもんは仕方ない!

怖いからすぐ寝た笑

 

そして、、、

 

乗り継ぎを経て着いた先は、、、

 

f:id:skyskywonder:20170810131331j:image

カンボジアー!!!

全然カンボジアっぽくは無いですが、カンボジアプノンペンにやってきました。

10年前、学生の頃の卒業旅行とていしてやって来たこのカンボジア🇰🇭。

どうしてまたやって来たのか。。。

頑張って伝えるので聞いてもらえたら嬉しいです♪( ´▽`)

 

【ボホール島】ボホールの歴史。

ボホール島でまえてぃー遊んでばっかと思います」

うん、某生徒より強烈なジョブをくらった。

いや、ちゃんと学んでますよ。

ので、ちょっと歴史の話。

2013年、ボホール島でM7.2の地震があったことはまだ記憶に新しい。

200人近い死者を出したこの地震

その爪痕は現在も残る。

f:id:skyskywonder:20170722194455j:image

崩れた家に住んでる人、途中までしかない橋、瓦礫が散乱した広場。。。

 

島の人に聞いてみた。

あれから4年がたとうとしている。

どうして道路は、橋は、教会は、家は、まだ“修復中”なのか?

地盤が揺らいで危険なのか。

 

答えは意外なものだった。

 

「国はそれどころじゃない」

 

フィリピンは国内で色んな問題を抱えているので“復興”に集中的に力を入れることはできないんだそう。

そんなことってある!?

 

日本も災害の多い国です。

阪神大震災の時まえてぃーは小学校5年生だった。

下から突き上げるような地響きと揺れ。

上からいろんなもの落ちてくる景色。

父が「机に入れー」って叫ぶ声。

そして、動けなかったまえてぃー。

 

知識としては知っていた。

大陸がずれたりして地面が揺れることを「地震」っていうことくらい。

でもあの威力は知らなかった。

知りたくもなかった。

でも、起こるものだった。

テレビは全て地震関連。

テレビの番組では義援金の話。

小学校でも募金や寄付があったり、ボランティアの人たちの活躍をテレビで見て、日本が一致団結しなきゃって小学生なりに思ったことを覚えている。

そして、食料を供給したり道路を修復する復興への流れ。

阪神大震災東日本大震災も現地へ行ったことがある。

まだまだ「完璧」とは言えないが、少なくとも道路の修復や、仮設住宅などの住む場所は早く確保できてる気がする。

が、フィリピンは違う。

 

人命の救助活動はやはり最重要。

そして、治療や食料供給、公衆衛生の確保へと続くが。。。

 

それからは“政府の援助”ではなく、“個人の力”によるところが多いそう。

国は他にしなければならないことが多いので、“復興”は最重要課題ではないとのこと。

確かにフィリピンでは麻薬や犯罪などで治安維持が難しかったり、外交でも難しい局面を抱えている。

復興の途中とみるか、復興を忘れたとみるか。。。

どちらにせよ、ここで“生きる”人たちがいるということを忘れてはいけないと思うし、災害が起こった時にだけ意識を向けるのでなく、その後のあり方も考えないといけないと考えさせられた時間でした。

f:id:skyskywonder:20170722195110j:image

f:id:skyskywonder:20170722195146j:image

f:id:skyskywonder:20170722195214j:image

穏やかな日々が続きますように…。

【ボホール島】ロボックリバーランチ!

お腹がすいた。。。

思い起こせば朝5時から何も食べていない。。。

心はいっぱいなのだがやはりご飯が食べたい!!ってことで親方リクエストの“ロボックリバーランチクルーズ”に行くことにしました。

f:id:skyskywonder:20170713112939j:image

この船に乗ってランチが頂けるそうな(*゚▽゚*)

船着き場に到着するとそこにはたくさんの観光客がすでにいるわけです。

そして、船は動いていないのにもうバイキングが始まっている。

f:id:skyskywonder:20170713113046j:image

負けるわけにはいかないオーバー30s。

案内された席に座るや否や早速ランチをとりに向かいます。

うん、さすが外国。

順番なんてあってないようなもの。

ここでは多少割り込んでも嫌な顔されないので、日本ではできない割り込みを体感してみました。

f:id:skyskywonder:20170714115831j:image

これがランチ。

もちろん食べ放題。

そしてもっと種類あります!!

ソフトドリンクはアイスティーが飲み放題なんですがこれが甘~い。

f:id:skyskywonder:20170713113117j:image

まえてぃーは甘党なので何の問題もありませんが、ストレートでもシロップ2個は入ってると思われるこの味。

ストレートが好きな方、安心してください。

アイスティーが激アマなのはここだけ。。。ではなくフィリピンのアイスティーはぜーんぶ甘いですからΣ(゚д゚lll)

 

食べ始めて20分くらいだろうか。

ついに軽快な音楽と共にクルーズが始まりました。

ヴォーという音と共に冒険が始まりました。

気分はまるでジャングルです。

f:id:skyskywonder:20170713113146j:image 

するとなんと途中、舞台のようなでっぱりがあり、「観光客よ来てくれてありがとう」みたいなショーが始まりました。

f:id:skyskywonder:20170713113228j:image

ウクレレに乗せた音楽で子どもたちが踊ったり歌ったりするわけです。

 

それを船から見るわけです。

 

1曲2曲が終わったころ、「カモン カモン」と客を呼ぶ声が。

なるほど、オーディエンスを巻き込むパターンね(・∀・)

誰か行くかな~と思っていましたが誰も行きません。

 

『行ったら楽しいだろうな~。

でも恥ずかしいな~。

行かなかったら後悔するだろうな~。』

と、思うものの動けないまえてぃー。

 

そして周りも、「え~誰かいけよ~」みたいな空気。

まるで「質問ある人ー??」→「シーーーン」みたいな状況です。

日本だけじゃなくて海外でもあるんだぁと思いちょっと安心。

 

でも、先生してたら分かります。

 

「質問ある人~!」とか、「誰かやってくれん??」とか、「これどう思う??」とか全体に問いかけたとき、なーんの反応もないとすこぶる“寂しい‼”んですよ。

 

「え、興味なかった?」とか「ヤバ、面白くなかった?」とか、「あ、まえてぃー嫌われてる?」とかネガティブなことばっか思うわけですよ。

 

もちろん生徒のころはほぼ反応しなかったまえてぃー。

怒ったりしません。

ただ、ネガティブになるだけなんです。

 

が、その時!!

 

まえてぃーがグルグル考えてるうちにCAZと親方は「ほな行こか~」みたいな感じで船を降りてった。

 

・・・。

 

まえてぃーは学んだ。

 

世の中“理屈”じゃなく“Feel”だと。

 

ちょっとでも行きたかったら行けばいいのだ。

わざわざ考える時間も必要ないということを2人から学んだ。

スゴイぞ、オーバー40s。

 

そして、

 

 

楽しかったーーー笑

 

 f:id:skyskywonder:20170715124123j:image

もちろん弾きマネd( ̄  ̄)

 

f:id:skyskywonder:20170715124141j:image

何回か竹を踏みしめたd( ̄  ̄)

 

f:id:skyskywonder:20170715124347j:image

やっぱり彼女たちだけのがスゴイ←当たり前d( ̄  ̄)

 

かれこれ20分くらいショーはあっただろうか。

終わってからの彼女たちのグッタリ感が申し訳なさを誘う。

きっと一日何回もしてるんだろうなぁ。。。

ありがとう、子どもたち!!

気持ちは払うさ!!

 

 そして、今日は平日。

彼らを背に話すまえてぃーとCAZ。

「あの子ら学校いつ行ってんねやろか??」

以上。

 

f:id:skyskywonder:20170715124609j:image

1人で歌も音楽も頑張ってくれたお兄さん🎶

みんなで踊ったYMCAは忘れないぜぃ(*⁰▿⁰*)✨ 

 

【ボホール島】チョコレートヒルズ参上!!

お待たせしました“チョコレートヒルズ(上からver)”。

f:id:skyskywonder:20170713100223j:image

 

この階段を上ると、見渡せる場所があるらしい。

f:id:skyskywonder:20170713100248j:image

うん、けっこうキツイ( ̄◇ ̄;)💦

なかなかキツイ階段だ。

 

が、万里の長城にくらべたら。。。マシ!!

万里よ、君はまだまえてぃーの心を支えてくれてるよ。

と、心の中で唱える。

f:id:skyskywonder:20170713101554j:image

難敵!万里の階段´д` ;

 

ほどなくして頂上へ。

 

ご覧ください(*´∀`)♪

f:id:skyskywonder:20170713100356j:image

地平線に広がる“ポコポコたち”

 

f:id:skyskywonder:20170713100430j:image

何ポコあるか分からん💦

 

f:id:skyskywonder:20170713100448j:image

次から次へとポコポコと。

 

これほど“ポコポコ”という擬音がマッチする景色はこれまでにあったでしょうかヽ(´▽`)/

いったい全体どうやって出来たんでしょうねこの丘たちは。

 

まえてぃー「地理」は全く皆無ですが、聞くところによると、これらはもともと「サンゴ礁だった説」が有力だそう。

えっ!?

サンゴ??

サンゴって海の??

そう、もともとこの辺りは海の底で、大陸移動や地面の隆起でここまで上がってきたそうな。

 

まじかぁ。。。

ずーっと昔、大陸同士も実は繋がってたんだよ~的なことを聞いたことがある。

でも、ここまでそれを実感する機会はなかった。

昔海だったチョコレートヒルズをそのまた上から今、見下ろしてるんだもんなぁ(´∀`)

あー感慨深い。

 

が、 

チョコレートって言ってる割に“緑”じゃんʕʘ‿ʘʔ⁉︎

などと思うでなかれ。

 

季節だ。

 

地球には季節があり、生物たちはその季節によって体を変えるのだ。

この丘たちは今は緑ですが、秋になると葉の色が変わり“茶色”になるのだ。

 

その姿が「わぁ〜チョコレートみたーい🍫」とゆーことで、チョコレートヒルズという名前になったそうな。

 

そんな単純な!

と、思うでなかれ。

 

きっと我々日本人の名字も似たようなものだ。

「あ、田んぼの中に家がある〜、君、田中さんね」、みたいな(´∀`)。

全国の田中さん、違ったらゴメンなさい💦

 

が、季節により姿を変える、、、うん、日本の紅葉と一緒ですね。

風情を感じる場所がここフィリピンにもちゃんとありました。

 

上から見ても、下から見てもこの可愛いチョコレートヒルズ。

ぜひ自分の目で会いに来てください(*´∀`)♪

f:id:skyskywonder:20170713112830j:image

下からのポコ。

あの上からダンボールで滑ったら気持ちいぃ〜だろうなぁ( ̄∇ ̄)

 

f:id:skyskywonder:20170713102107j:image